高槻で介護用品福祉用具のレンタルと販売のトップケア/島本/茨木の方もどうぞ/

beforeafter

 ビフォーアフター

ビフォーアフターⅡ

T事業所 階段昇降車いすの相談

T事業所 電動車いすの相談

T事業所 紹介ご利用者様の相談

歩行器交換 (現地同行モニタリング)

T事業所 IKケアマネージャー様からのご依頼

玄関 (あがりかまち用、置き式手すり設置)

老健ふれあいのリハビリテーション科のPT、OTさんとのコラボ

段差解消スロープと車いすを設置

T事業所 ケアマネージャー様からのご依頼

段差解消スロープと車いすを設置

ビフォーアフターⅠ

最新のビフォーアフターはビフォーアフターⅡへ

T事業所 Iケアマネージャー様からのご依頼

ご相談内容 T事業所依頼にて、歩行器ではご利用者様の自宅前の坂が、1人での歩行が安定せず危険が伴う為、買物や通院を1人でも行えるようになりたいという、ご利用者様のご希望もあり、電動車いすを導入する事となりました。買物や通院時のご利用となりますので、今回は導入に伴い合計4回の教習を行いました。機種は、坂も多くなりますので、馬力のあるJWアクティブ(Pタイプ)を選定しました。

電動車いすの導入)

体操大体操大体操
歩行器では、左の写真マンション前の坂の上り下りが歩行困難な状態でした。初日は、マンション駐車場にて操作練習を行い、車イスの性質も含めた転倒や事故の危険性のある項目を注意点として、確認しました。

画像の説明

体操大体操大体操
2日目は、H診療所への通院とコンビニへの買物を利用目的として上げて頂いておりましたので、事前に安全なルートを確認し、出発前に注意点とルートをご利用者様と確認しました。細かい確認は、実際に確認したルートを辿り、その都度注意点をお伝え致しました。コンビニでの買物も実際に同行致しました。車いすでも充分走行可能な通路が確保されているコンビニでしたので、低速にて店内の商品やお客様にぶつからない様に注意をして頂きました。商品も常に購入される物は、車いすからも手の届く範囲にありましたので、スムーズに買物も行えました。

画像の説明

体操大体操大体操
3日目は、ご希望にもありました。M歯科医院までの道のりを実際に移動しました。事前の下見の段階でも何箇所か見通しの悪い歩道がありましたので、左右確認と一時停止を目視にてしっかり行って頂くようにして頂きました。歯科医院では、段差解消スロープと入り口前の坂を確認したところ、介助者がいればそのまま院内まで車イスでの侵入が可能ですので、医院前でお電話にて受付の方が対応して下さるので、お1人での通院も可能となりました。
体操大体操大体操
エレベーターでの乗降確認自宅マンション内は細かい動きが必要な為、手動での足こぎにて、行って頂きました。

画像の説明

体操大体操大体操
最終日は、自宅マンションでの出入りとコンビにまでのルートにて、今までの注意点を確認致しました。最終格納のところまで確認し、鍵をお渡しし、無事教習終了にて、レンタル開始となりました。また長距離の移動にも対応可能なようバッテリーはリチウムタイプに変更いたしました。

T事業所 Kケアマネージャー様からのご依頼

ご相談内容 「娘家族と同居し娘の介護を受けている。下肢筋力の低下や認知症でもある為、夜間に何度もトイレに行きたくなるが夜間は特にふらつきが強く立ち上がれず介助がないと排泄できないこともある。」また、就寝時はご家族様がベッドの横で寝られるとのこと。その為介助の負担を軽減出来るよう電動ベッド、スライドシート、ポータブルトイレを選定しました。」

寝室(昇降機能のみの1モーターのベッドを設置)

びフォー画像アフター
体操大体操大体操
ベッドサイドに出っぱりがなく、車いすやリフト、ポータブルトイレ等をベッドにぴったりと寄せることができ、移乗を楽に行うことができるベッドを選定。ベッドの位置・向きをお聞きし、これからベッドを組み立てていきます。睡眠時の転落不安を軽減する低床16cmのベッドが完成。お布団で添い寝している安心感覚でお使いいただけます。マットレスも体重がかなり減少しているとのことで、床ずれを防ぐ為静止型のゲルタイプを選定。
体操大体操大体操
ベッドから車いす、ポータブルトイレに座位移乗はトランスファーボードを使う方法がよく知られていますが、スライドシートを使えばシート自体が滑って移動するため、素肌でも安全に使えます。この商品はシート本体の素材がすべりのよいナイロンで、3層構造の中間層が上下層の動きに干渉されないため、上下左右、回転等の動作がわずかな力で可能です。
体操大体操大体操
身体の下に差し込んで、ベッド上で身体を上下左右に移動させることができます。体が大きい男性でも楽に介助できます。スライドシートによってベッドからポータブルトイレへの移動もスムーズに!!助者される方の負担が軽減されます。


N事業所 ケアマネージャー様からのご依頼

ご相談内容 「現在在宅にて福祉用具とヘルパーを利用し、過ごしていらっしゃいますが、転倒を機に手すりの設置を検討する事となりました。ご主人様は、車椅子での移動になりますので、車イスの動線を確保しつつ、奥様がトイレ兼洗面所内を安全に移動できるように手すりを選定しました。」

トイレ 兼 洗面所 ( 置き式手すり1本 + ベストポジションバーを設置 )

びフォー画像アフター
体操大体操大体操
入り口付近までは、歩行器を使い奥様も移動が可能なのですが、入り口の段差もあり、入り口で歩行器を置いてから洗面所内へ入られます。ただ、入り口と導線上に手すりが無く、トイレと洗面台までの距離があるため、手すりが必要となりました。矢印の銅線で移動できるように手すりを選定しました。天井の強度をチェックし、車イスの移動とヘルパーさんの介助の邪魔にならないようにベストポジションバーを選定しました。強度関係もあり、ベストポジションバーは、入り口付近の壁際のみ設置可能の為、洗面台付近には、フローリング廊下スタンバーを選定しました。洗面台には、枠の手前に転倒防止の為の万能すべり止めテープを設置し、安全面を強化しました。
画像の説明

◎ 転倒防止、安全対策として・・・
 今回は、洗面台が濡れると滑るというご相談もあり、
 万能すべり止めテープを洗面台に使用!
● 手すりにも簡単に巻きつける事が出来ます。
● 浴室や洗面台にも自由に切って貼って使えます。
● 階段や床など屋内の滑りやすい所にもOK!!

トイレ使用時( 奥様も同じ動線にて使用されます。) 

アフターアフターアフター
① 入り口手すりを使用② トイレ横手すりを使用※こちらにも、万能すべり止めテープを使用しています。③ トイレ横手すりを使用※ご主人様のトイレ介助に極力邪魔にならないよう手すりを設置。

洗面台を使用時( 奥様の使用時の動線。) 

アフターアフターアフター
① 入り口手すりを使用② 洗面台横手すりを使用③ 洗面台にすべり止めテープを設置し使用 
洗面所には、出入り口が2箇所ある為、右の写真の矢印のように左右どちらにも車椅子が一周できるよう、邪魔にならない位置にて、手すりを選定しました。体操大体操>歩行器


Y事業所 ケアマネージャー様からのご依頼

ご相談内容 「リハビリテーション病院にて入院中であるが、退院に向けて、家屋調査にてOT,PT様の意見を聞きながら住環境を見直す事となりました。動作確認の結果、福祉用具では、手すり歩行器と入浴補助商品を導入する事となりました。後日追加にて、補高便座とスロープを選定しました。」

寝室 (置き式手すり3本設置)

びフォー画像アフター
(初期設置時)(再検討設置時)
体操大体操大体操
ベットからの起き上がりと立ち座りの補助として、たちあっぷを選定し、廊下てすりまでの導線には、置き式のスタンバーを設置し、安全に歩行が出来るよう選定。夜間の立ち座りが、たちあっぷ1本では困難である為、足元にも手すりのご希望がありました。ベットからの足の上げ下げに邪魔にならない位置を動作確認し、持ち易さも考慮して、たちあっぷ03を選定。
体操大体操大体操
体操大体操大浴室には、手すりが1本付いていますが、お持ちのシャワーチェアとの併用だけでは、立ち座りや浴槽へのまたぎ越しにが、困難でした。浴槽手すりを設置する事で、安全に入浴を行って頂けるよう選定しました。


トイレ (手すりと補高便座を設置)

びフォー画像アフター
体操大体操大体操
トイレには、手すりが無い状態でした。高さも低く、立ち座りが困難なご状況でした。動作確認の結果、住宅改修ではなく、福祉用具にて対応となりました。トイレ用手すりには、スペースを最大限活用できるように置き式のタイプで洋式トイレ用フレームS-はねあげRを選定。更に立ち座りの補助として、5cm座面アップの補高便座を選定しました。

洗面所とリビング間の段差 (スロープを2点設置

体操大体操大体操
リビングから洗面所への移動が多く、段差に足が引っかかってしまうと相談がありました。設置場所に合わせて切断可能な段差解消用のレンタルスロープを設置して安全に移動が出来るようにしました。

ご利用者様のお声 紹介

・夜間のベットからの起き上がりが、両方に手すりがありとても立ち易く楽になりました。
 夜は手すりが光るので、とても解りやすく助かってます。
・お風呂場もイスから立つ時に両方に手すりがあり、助かっています。


ご利用者様からのご依頼

ご相談内容 「今回は、ご利用者様より長距離の歩行は困難である為、1人での外出が不安であるという事で、地域包括支援センターより、レンタル歩行器の相談を頂きました。
選定機種は、使い易さ等ご利用者様のご希望のもと最終的に、コンパクトに折り畳みができ、押し易く、座面があり少し休む事の出来る、新機種テイコブポルタに決定しました。」

テイコブポルタの採用

びフォー画像アフター
体操大体操大体操
非常に小さく折り畳みができるので玄関でも場所をとりません。折り畳んでも駐車用のロックブレーキをかける事で、自立も安定します。広げても非常にコンパクトで、座面付きの歩行器では、一番小さく小回りも効きます。それでいて荷物入れも容量があり、歩行にも安定感がある
ので、押し易く喜ばれている歩行器です。

テイコブポルタ ポイント紹介
①トレイによく使う小物を置けるので、バックに入れなくて済む便利なトレイ付き。
②身体を囲むようなU字ハンドルは、自然に握れて歩行が安定します。
③ワンタッチ駐車ロックは、押し易く簡単なので、指に力の入らない方でも楽々です。

アフターアフターアフター
アフターアフターアフター


B事業所 ケアマネージャー様からのご依頼

ご相談内容 「リハビリテーション病院にて入院中であるが、歩行器利用で日常生活動作も安定して来ており退院に向けて、家屋調査にてOT,PT様の意見を聞きながら住環境を見直す事となりました。
動作確認の結果、福祉用具では、歩行器と入浴補助商品を導入する事となりました。」

							

ウオーキーS3の採用

びフォー画像アフター
体操大体操大体操
リハビリテーション病院にて入院中は、ウォーキー2をお使いになられておりました。ただ、ご身長が高く持ち手が低くなっておりました。今回は、ご希望にあった持ち手の高いもので、尚且つ指にも痺れがある為、ハンドル部の直ぐ下にブレーキがあるウォーキーS3を選定しました。
今回選定のウォーキーS3のポイントを紹介します。①Pブレーキがレバー1つで 可能となっています。②通常ブレーキも握り易い!!③持ち手はなんと、76cm ~100cmまで伸びます。アフターアフター
入浴関連用品では、座位保持のし易い背ありタイプとなり、スペースのことも考えコンパクトタイプを選定。ワンタッチ折りたたみ機能も搭載!!体操大体操


A事業所 ケアマネージャー様からのご依頼

ご相談内容 「大腿骨骨折でご入院されていたI様の家屋調査にてS病院のOT,PT様の意見を聞きながら
住環境を見直すこととなりました。問題は高槻市の保険者でない為住宅改修が出来ず、すべて福祉用具にて支援することになりました。」

置き式タイプフローリング用スタンパーの設置

びフォー画像体操大アフター
体操大ポイント!釘なしで手すりが完成します!体操
寝室からトイレや浴室の移動の際、持つところがなく突っ張り式の手すりも天井の強度がない為、移動の際に転倒の危険性が高い。引き戸の開閉もありますので、手すりも移動が出来る可動式を考えならない置き式タイプのフローリング用スタンバーを設置し、つかまりながら移動が出来るようししています。おもりには水の入ったタンクを置き動かない工夫をしています。


画像の説明

ベッドを設置し、その周りにはご家族が用意していただいた
テーブルと椅子を置き離床して食事を取る環境にしました。
テレビもベッド下に上手く入り、6畳の部屋を有効に使えるように配置できました。
ポイント 垂直昇降なので、壁やものに当たりません。

入浴用手すりの設置

びフォー画像体操大アフター
体操大体操
設置型の浴槽な為、高さが60cmもあり、大腿骨骨折の利用者には足を上げて入るのが困難な浴室でした。病院と同じ浴槽台と手すりの環境にしたいとのご希望がありました。浴槽淵に高さ調節手すりと、浴槽台を設置し、またぎ越しと浴槽内での立ち座りが安全に行えるようにしました。浴槽台はソフトタイプにし、肌にあたっても痛くないよう考慮しています。


風呂手すり

すのこはDIYのお得意な息子様の手作りです。高さも利用者様の足が上がりやすいようにされており軽くて持ち上げたりするのが楽でした。
お見事です!今後の参考にさせていただきます。息子様の愛情ある浴室で
ゆっくりと入浴ができればと思っております。
ポイント 取り外しが簡単なので掃除も楽です。


洋式トイレ用フレーム

びフォー画像体操大アフター
体操大体操
トイレも手すりを取り付けることができない状態でした。タンクも角にあり、プッシュアップタイプの手すりが設置することが可能なのか難しい状況でした。固定式の洋式トイレ用フレームを設置してみたところ、タンクにもあたらず上手く設置することが出来ました。両側の手すりをプッシュアップにて立ち上がることが出来ます。


Y事業所 ケアマネージャー様からのご依頼

ご相談内容 「要支援で、布団からの立ち上がりが困難な方がいらっしゃいます、何か良い福祉用具はありますか?」との依頼がありました。し。疾患は腰椎狭窄症があり、ベッドのご利用が理想ですが置き式型手すりにてご提案させていただきました。

床立ち上がりスタンバー

びフォー画像体操大アフター
体操大普通なら、布団の横に設置を、考えるのですが頭上に配置しました。 体操
普段は、和室に布団を敷き座椅子を持ちながら寝置きされてます。和室の出入口には、高い段差があります。以前ご一緒に生活されていた奥様が車いす生活であった為、他の部屋もすべて高い位置になっています。夜間の立ち上がりが安全安心楽々とできるようになりました。そうする事により、夜間覚醒していない状況でトイレに移動する際、足を引っ掛け転倒を防止します。こちらは、階段状になっている「床立ち上がりスタンバー」です。床座からの立ち上がりがスムーズに行えます。
画像の説明

CM様が見守る中、利用者様に動作確認をしていただきました。
ゆっくりと上体を起こし、手すりの位置を確認します。
肘を着き、身体の向きをかえます。


画像の説明

頭上の手すり下段をしっかりと持ちます。
膝を着く準備に入ります。
利用者様、上手に手すりを使っていらっしゃいます。


画像の説明

立ち上がる際は、2段目、3段目と確認しながら
布団横へ移動します。
この時、横に手すりがあると足が引っ掛かって
危険であった為頭側に設置しました。


画像の説明

和室出入口には段差があり、あらかじめ住宅改修で
つけた手すりを持ちながら、踏み台を降ります。
手すりから出入口手すりの動線も短くなりました。


画像の説明

反対側から見た状況です。
かなり、高い段差があります。
以前はここで滑ってしまし転倒されたようです。


画像の説明

トイレから戻ってきたときも、手すりにつかまり
布団まで安全に帰ってこれました。
たくさんの動作確認にお付き合いいただき
本当にありがとうございました。

モニタリングしました。
「便利に使わせてもらってます。
夜のトイレの時は本当にあんしんです。」

M病院訪問リハビリのセンセイより

現在の歩行器よりももう少し幅の広いものが良いのではないかとのご指導を受け2つのアイテムをお試しいただきました。

スリム立ち上がりフレームウォカー固定型

びフォー画像体操大アフター
体操大前のめりがなくなり安定感がグンと増しました。 体操
ミニフレームウォーカー固定型今回は歩行器をお使い頂く時に、幅が少し狭く、奥行きが短い事もあり持ち手が手前になり、歩行器の前足があまり上がらず前のめりになってしまわれるご状態でした。300g重量は増えましたが、横幅と奥行きが長くなり、持ち手も奥になる事で前のめりにはならず、安定感がぐっと高まりました!!
体操大新しい用途!立ち上がり安心安全 体操
現在お使いの歩行器は、横幅は42cmで、奥行きが35cm、高さは62.5cm設定可能な、小柄な方でも使い易いコンパクトタイプの歩行器をお使い頂いておりました。新しい用途として、持つ所がない場所でも、座位からであれば下段の持ち手を支えに立つ事が出来るようになりました!!スリム立ち上がりフレームウォカー固定型

W事業所 Ⅰケアマネージャー様からのご依頼};

ご相談内容 高槻市S町のK様が“ラクナ梗塞”で入院};中であった。
退院時の環境整備についてM病院のOT、PTとの立会いの下家屋調査を行い問題の有る箇所について、福祉用具にて支援することとなりました。

ポータブルトイレの設置

びフォー画像体操大アフター
体操大これで夜間のトイレも安心安全になりました 体操
寝室に電動ベッドを設置し、安楽な起居動作が行えるようにし。夜間トイレ移動の心配があったため、ベッドサイドにポータブルといいレを設置しました。

''モニタリングしました。
ご利用者様の声・・・・・・
I様 トイレの移動に不安がなくなりました。
ご家族の息子様の声 ・・・
ポータブルトイレは移動ができ、母がやりやすい位置にできるのが良かったです。''

ベストポジションバー

びフォー画像体操大アフター
体操大これですっきり楽になりました 体操
和式便所の上に洋式の上置きだけが設置してあるトイレのため前方が狭く、つかまるものがないのと、賃貸マンションで塗り壁であったため、工事が出来ずレンタル手すりを希望されました。天井が170cmと低く、突っ張り型てすりも既存型では設置が困難。しかし、ベストポジションバーショートタイプを選定。天井と床に負荷を加えることなく、又、壁に穴やキズを付けることも有りません。前方のスペースも有効に活用でき安心して排泄が可能です。

a:9617 t:5 y:6

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional